テレワークをより快適に行えるツールまとめ

ZOOM バーチャル背景の画像ダウンロードは、下記をクリックしてください。

コロナが落ち着いてもテレワークが当たり前の勤務体制になっている会社が依然として多い現状です。しかしまだまだツールが整っておらず、とりあえずテレワークはできるけど快適ではないという会社も多くあるかと思います。これからのテレワークを快適に過ごすことで仕事の効率が上がったり、環境が整っている会社で働きたいという人が面接の応募をしてくれるなどメリットは大きいです。ぜひテレワークを快適に行い、仕事も人材もレベルアップさせましょう。

安い・使い方簡単な勤怠管理システム

テレワークを行う上でまず最初に検討してほしいのが勤怠管理システムです。従業員数が少ないと紙で管理できてしまうのでシステムを導入するのはもったいないと考える会社もあります。しかし、近年の働き方改革の改正により、今まで以上に勤怠管理が厳しくなっています。もし勤怠管理表の提出を求められた際に紙だと管理が不十分だと言われる可能性があります。システムなら出退勤だけでなく残業や有休の管理も一目でわかるのでとても便利です。ここでは社員にも管理者にも簡単なシステムを紹介します。

テレワークにオススメの勤怠管理システム

KING OF TIME(https://www.kingoftime.jp/
・オプション無し、全ての機能が1人月額300円
・多彩なタイムレコーダーから自社にあった勤怠方法が選べる

ジョブカン勤怠管理(https://jobcan.ne.jp/
・ワークフローや経費精算などジョブカンシリーズでまとめるとデータ管理が圧倒的に楽
・オプションはかかるが初期費用は0円なので導入費用は抑えられる

AKASHI(https://ak4.jp/
・SONYが出しているのでシステムが安定している
・勤怠管理では安い1人月額200円

電話もメールもこれ1つでできちゃうコミュニケーションツール

メール機能のみでやりとりをしていると、営業メールや社員からのメールで受信ボックスがあっという間にいっぱいになってしまいますよね。多い人では1日100件以上メールをやりとりしており、気づかずスルーしてしまうなんてこともあるのではないでしょうか。社員用とお客様用で使うツールを分けることで、見失うこともぐっと減ります。また、チャットツールには電話機能もついているので、読んでわからないことがあれば番号がわからなくてもすぐに電話することができるのも嬉しいです。コミュニケーションをスムーズにすることはテレワークを快適に行うために必須ですので、ぜひご検討ください。

テレワークにおすすめのコミュニケーションツール

chatwork(https://go.chatwork.com/ja/
・タスク管理機能、ビデオ通話、ファイル管理などが1つにまとまっているので探す手間が減る
・中小企業向けに作られている

slack(https://slack.com/intl/ja-jp/
・コミュニケーションをスムーズに行えるスタンプ機能で顔が見えなくても会話が盛り上がる
・予定を忘れないためのアラーム機能でうっかり防止

まとめ

まだ導入していない会社はもちろん、既に導入しているけれどなんか使いにくいと感じている会社にもオススメしたいツールを紹介しました。ただ安いだけでは機能が不十分だったりサポートが手薄なこともありますので、自社にはどのような機能が必要でサポートは手厚い方がいいのかどうかなども検討する際のポイントにしていただけたらと思います。
テレワークを快適にしてスマートに働いて働き方改革のお手本企業になっちゃいましょう。